本文へスキップ

事業内容SERVICE&PRODUCTS

事業内容ご紹介

○○○○○○○○イメージ

「きもの」

弊社は白生地卸商として創業し、きものを中心に和装製品全般から宝石、毛皮、健康関連商品等をお取り扱いして約半世紀、「きものを通じて日本女性の心を豊かにすることで社会に貢献する」ことを第一に、「きもののふるさと京都」で商いをさせていただいてまいりました。
伝統産業にたずさわる企業として、自ら「和の精神をよく学び、伝承していくこと」をモットーに、創業以来、常に「誠実」に、たゆまぬ「努力」と「創意」工夫を重ね、お取引いただくすべて皆様と「協調」し、皆様に「感謝」することで、日本女性の「心の豊かさ」に対する夢を実現、提案していける企業であることが、近江屋の「思い」であり「願い」です。


○○○○○○○○イメージ

「宝飾・バック」

非呉服分野におきましては、従来の宝石、バック、洋品をはじめ、健康関連商品の取扱をしています。
担当する開発部では全国各地の小売店様とタイアップして、非呉服催事「ビューティー・ミュージアム」を開催し、消費者様とのコミュニケーションを図ることにより、現代女性のニーズに直接触れることにより、新たな商品開発に一層努力を重ねる考えでおります。「宇和島花真珠」はお母さまから娘様への想いを伝えるメッセージ性の高い商品として好評です。


近江屋のなかなかやるチャレンジ

○○○○○○○○イメージ

「ラオスの織物」

ラオスでは古くから織物が生産されています。その中心はラオス女性が身につけるスカートのような伝統衣装の「シン」。私たちはこの色とりどりで複雑な幾何学模様の織物に魅せられました。なんとかラオスの伝統衣裳と日本の伝統衣装を融合させることができないかと。
商品担当がラオスの首都ビエンチャンに飛んだのが昨年99月。現地の織物工房と共同で和装の帯の開発に取り組みました。
日本の織物では表現できない配色と文様。近江屋から発信していきます。

詳しくは Facebook ラオスの優しい布


○○○○○○○○イメージ

「京都和服館」

3年前「台湾で着物?」近江屋社員のみんながそう思いました。その考え方を変えたのが一人の台湾からの留学生でした。
「台湾にきものを広めたい」という動機で弊社に入社してきました。
現在では、台北市の中心部「中山北路」に店舗兼事務所を置き、着物販売・着物レンタル・着付け教室・日本文化サロン・写真撮影・着付け体験・きものイベント企画や日本からのイベントのお手伝いなど展開しています。

詳しくは Facebook 京都和服館×catmimiandy


バナースペース

近江屋株式会社

〒600-8177
京都市下京区烏丸通五条下ル大坂町394

TEL 075-341-4181
FAX 075-341-4180